■ジャパンカップ 本命、外枠に集中「スポーツ5紙予想ランキング」

印刷

    外国馬3頭と、迎え撃つ日本馬14頭がそろった第36回ジャパンカップ(JC、GI、東京・芝2400メートル)。勝ち馬には過去、ディープインパクト(2006年)やウォッカ(09年)、ジェンティルドンナ(12、13年)などの名だたる名馬がそろう国際競走だが、外国馬には分が悪い。この10年をみても、06年のウィジャボートの3着が最高。かつての「強い外国馬」のイメージはない。

trend_20161125151428.jpg

キタサンブラックは評価がいまいち

   今年の日本馬の大将格は、2015年の菊花賞と16年の天皇賞・春を制したGI2勝馬のキタサンブラック。ただ、意外にも、この馬を本命◎に推したスポーツ紙はない。日刊スポーツが対抗○に推したくらいで、残りのスポーツニッポン、サンケイスポーツ、スポーツ報知、デイリースポーツの4紙は単穴▲や△にとどまった。

   「今年は低調なメンバー構成に写る」という、デイリーの本命◎は、シュヴァルグランだ。「実績で物足りなさはあるものの、充実ぶりはメンバーの中でトップとみている」と推す。前走のアルゼンチン共和国杯(GII、東京・芝2500メートル)は、「休み明けで初めての左回り、初の関東輸送。加えてトップハンデの58キロと条件は生易しいものではなかったが、それらもろもろをあっさりクリア。一発で満点回答を出した。頂点に上り詰める馬が醸し出す独特の雰囲気がある」と、高く評価する。

   サンスポも、シュヴァルグランに◎。「ごちゃつかない外枠なら能力全開」と、不利なくレースを進められると読む。

    アルゼンチン共和国杯を勝った後、GIタイトルを手にした馬は多く、2008年にはスクリーンヒーローがその勢いを駆ってJCを制した。同馬は、ゴールドアクターの父だ。

   ニッカンの本命◎は、ゴールドアクター。昨年、アルゼンチン共和国杯を勝って臨んだ暮れの有馬記念(GI、中山・芝2500メートル)を制した。「最内枠から主導権を取るキタサンブラックを見ながら(レースを)運べる絶好枠に入った」とみる。前走のオールカマー(GII、中山・芝2200メートル)を快勝。「充実度は有馬記念に挑んだ昨年以上」と、父子制覇に期待する。

   ゴールドアクターには、スポニチとデイリーがを対抗○に推している。

「強い3歳馬」は印がばらつく

   そのスポニチと、スポーツ報知の本命◎は、リアルスティール。春には海外GIのドバイターフを制して帰国。念願のGIウイナーの仲間入りを果たしたものの、続く安田記念(GI、東京・1600メートル)では11着に惨敗。秋初戦の天皇賞・秋(GI、東京・芝2000メートル)は2着に健闘し、力のあるところを見せつけた。スポニチは、ドバイターフで手綱をとったR・ムーア騎手の手腕に期待。「プラス加点は絶大。信頼性の高さは随一」とみる。2400メートルの距離が不安視されるが、報知は「折り合えば距離への不安はない」と推す。

   「強い3歳馬」の一角、皐月賞馬のディーマジェスティには、デイリーが単穴の▲を打ったが、ニッカンが△、報知が★、スポニチが☆、サンスポは無印と、バラついた。菊花賞でディーマジェスティに先着(2着)のレインボーラインには、報知が対抗○に推したほか、サンスポとデイリーが△を打った。牝馬は、4歳のルージュバックと、3歳のビッシュに△印が回った。

    外国馬の評価はさっぱり。ニッカンがフランスから2年連続(2015年は6着)で参戦した4歳馬、イラプトに△を打っただけだった。

数字は当たった回数、空欄はゼロ
数字は当たった回数、空欄はゼロ
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中