親孝行ドライブ「オヤイブ」スタート トヨタレンタリース栃木と協働

印刷

   大学生が若者を分析して商品開発などを行っている若者マーケッター集団「ADK 若者スタジオ(以下、ワカスタ)」(運営・アサツー・ディ・ケイ、ADK)は2016年11月22日、トヨタレンタリース栃木と協働して親孝行ドライブ企画「オヤイブ」を始めた。

   若者が両親とトヨタレンタリースのレンタカーに乗り、「日光東照宮」のような定番の観光地や「那須どうぶつ王国 カピバラの湯」などの名所へ連れて行ける上、山道の運転や駐車の練習にもなるという。

   「オヤイブ」は、「ワカスタ」のマーケティングコンテスト「ワカスタビジコン」の2015年度大会で最優秀賞に選出された。「那須コース」「塩原コース」「日光コース」「鬼怒川コース」の2つずつ、計8コースがある。

   キャンペーンサイトでは現役大学生の2人が「オヤイブ」を体験し、その模様を公開中だ。1人は明治大学のNEMESANさんで、ロックバンド「SALTY DOG」でドラムを担当する。もう1人は青山学院大学の青木ほのかさん。国内最大級の学生イベント「CAMPUS COLLECTION」でモデルとして活躍する。

   また、サイトを見ることで、親子の絆が深まる姿も注目してほしいという。

   「親孝行」という言葉は、いまの大学生には「自分ブランディング」に役立つと理解されているようだ。「オヤイブ」実施に合わせ、「ワカスタ」PR事務局は大学生・大学院生4000人に「友達のSNSで親孝行ネタの投稿を見たことがありますか」というアンケート調査を行った。結果は「はい」が56%、「いいえ」が44%だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中