爆速210kmの「パーフェクト」サーブを体感! 特設テニスコート、国際大会「コカ・コーラIPTL」に合わせてオープン

印刷

   テニスの超高速サーブを体感できる特設コート「『コカ・コーラ』IPTL CCJC Perfect Serve」が、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)横に2016年12月2~4日の3日間限定でオープンする。

   ボールマシンから発射される球の速度は4種(時速180 km、190 km、200 km、210km)あり、参加者は任意のスピードを選べる。いずれも世界トップクラスのプロ選手レベルのパーフェクトなサーブに相当するという。錦織圭選手の活躍でテニスの試合をテレビ観戦している人は多いはず。映像で見る球の早さと前方から飛んでくる球の体感速度がどれだけ違うか、チャレンジしてみるいい機会だ。

   錦織圭選手のモノマネ芸人しまぞうZさん(キャベツ確認中)がゲスト兼MCとして全日程登場し、会場を盛り上げる。営業時間は11時30分から16時30分まで。

  • 「『コカ・コーラ』IPTL CCJC Perfect Serve」のイメージ図
    「『コカ・コーラ』IPTL CCJC Perfect Serve」のイメージ図

テニスの国際大会「Coca-Cola IPTL」も同時開催

   プロレベルの「Perfect」なサーブを体感した後は、キンキンに冷えて最高な状態「Perfect」にサーブされたコカ・コーラがもらえる。今年の日本列島は例年より気温が低く、本イベント会場のさいたま市も例外ではない。テニス体験をした参加者の体は運動で温まったはず。コカ・コーラで乾いたのどを冷やそう。

   この限定イベントは、12月2日~4日から始まる国際テニス大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(以下、Coca-Cola IPTL)に合わせて実施される。さいたま市での開幕戦を皮切りに、12月6日~8日にシンガポール、12月9日~11日にインド南部のハイデラバードと、3か国を転戦して行われる。参加国は日本、シンガポール、UAE(アラブ首長国連邦)、インドの計4か国のチーム。

   大会には総勢25人を超える世界的プレイヤーが集結する。日本チーム「JAPAN WARRIORS」には錦織選手やフェルナンド・ベルダスコ選手、エレナ・ヤンコビッチ選手、奈良くるみ選手らが所属するが、出場選手は試合当日に発表される。観戦にはチケットが必要で、一部券種を除き販売中。詳細はJAPAN WARRIORS公式サイトまで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中