【新関門トンネルもついに開通】山陽新幹線全線でケータイの電波がキャッチ可能に

印刷

   NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手キャリア3社は、山陽新幹線の全トンネル内における携帯電話通信サービスを、2016年12月22日の始発電車から開始すると発表した。

   新大阪駅と博多駅を結ぶ山陽新幹線は山岳地帯の通過が多く、播磨平野と岡山平野、福岡平野を除くとトンネルの連続だ。当然のことながら電波は遮断される。

   そこで西日本旅客鉄道(JR西日本)と3社はトンネル内の携帯電話不感地帯の解消――無線設備の設置に取り組んできた。トンネル内に子機を置き、光ケーブルでつながった親機が基地局と通信する。これによって新幹線がどの場所を走っていても乗客は携帯電話を利用できるようになる。

   今回解消された区間は厚狭駅手前の峠山トンネルから小倉駅までの約31.9km。トンネルは15本あり、長大海底トンネルの新関門トンネルも含まれる。ここは携帯電話利用者にとって苦痛の区間だった。

   試験運用は今月から行われていたようだが、喜びの声がツイッターに次々と投稿されている。

  • 携帯電話通信サービスを開始する区間(KDDI公式サイトより)
    携帯電話通信サービスを開始する区間(KDDI公式サイトより)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中