スズキ新型「スイフト」全面リニューアル 衝突被害軽減システムやカメラを搭載

印刷

   スズキは、小型乗用車「スイフト」を全面改良し2017年1月4日に発売した。躍動感のあるスタイルへと大胆に進化し、歴代スイフトが磨き続けたハンドリング性能をさらに向上。同社初の装備としては、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」や、周囲の状況に合わせてハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト機能」を採用した。

  • 進化を遂げた新型スイフト
    進化を遂げた新型スイフト
  • リアビュー
    リアビュー
  • リアビュー
    リアビュー
  • インテリア
    インテリア
  • インテリア
    インテリア
  • 広くて積みやすいラゲッジスペース
    広くて積みやすいラゲッジスペース

優れた走行性能と燃費性能を両立

   スズキの主力コンパクトカーである「スイフト」は、個性的でスポーティーなデザインが特長で、しっかりとしたハンドリング、優れた走行性能、取り回しやすいコンパクトサイズ、使い勝手の良さなどが人気。

   新型は、躍動感のあるスタイルへと大胆に進化し、歴代スイフトが磨き続けたハンドリング性能をさらに向上。加えて、マイルドハイブリッドや軽量化、高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用した。また、熱効率を向上することで低燃費を追求した「1.2L自然吸気のデュアルジェットエンジン」によって、優れた走行性能と燃費性能を両立させたという。

   前走車との距離を一定に保持する「アダプティブクルーズコントロール」なども装備し、安全装備と運転サポート機能を充実させた。

   価格(税込)は134万3520円~184万5720円。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中