栄養凝縮し飲みやすい!「濃縮ケール青汁」、ファンケル

印刷

   ファンケルヘルスサイエンス(横浜市)は、「濃縮ケール青汁」を2017年1月20日に発売する。

   5度以下で管理されたケールを使用。鮮度を維持しながら濃縮し、マイナス40度で急速に冷凍することで、採れたてケールの栄養を届けるという。さらに、青汁の飲みにくさの原因のひとつである青臭さを濃縮時に水と一緒に取り去ることで、飲みやすさを実現した。

   この小さな1袋に栄養豊富なケール生葉を120グラム使用しており、1袋で1日に摂取したい緑黄色野菜量1日分を摂ることができる。

   水だけではなく牛乳やジュースなど好みの飲み物に混ぜて飲むことができるので、野菜嫌いな人にもおすすめだ。

   さらに、従来の冷凍青汁に比べ容量は3分の1とコンパクトサイズに。水につけてわずか30秒で解凍できるため、忙しい毎日の中でも手軽に続けやすくなったという。

   通信販売で取り扱う。

   内容量30グラム×30袋入り、価格は4320円(税込)。

  • 高い栄養価と飲みやすさを実現!
    高い栄養価と飲みやすさを実現!
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中