ヤマハ発動機、走りのフィールドを広げるLMWモデル発売

印刷

   ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、フロント二輪のLMW(Leaning Multi Wheel)モデル「TRICITY 155 ABS」を2017年1月20日に発売する。

   高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点を見据えて開発したBLUE COREエンジンを搭載。特に低中速側と高速側で吸気バルブの動作を切り変えるVVA(可変バルブシステム)は、ポートと燃焼室、最適なFIセッティングとの相乗効果によって高いトルク特性と燃費を実現した。

   また、旋回時にフロント二輪が車体と同調してリーン(傾斜)する独自のLMW機構を搭載。軽快でスポーティなハンドリングと安定感を装備する新しい楽しさを叶えたという。さらに、新開発のフレームはBLUE COREエンジンとの最適なマッチングを図ったもので、高速域でも十分な強度と剛性のバランスを保持し、足元スペースも広く設計した。

   その他、高級感のあるLEDヘッドランプや余裕の収納スペース、ワンタッチ操作のパーキングブレーキなどを装備している。

   マットブラック2(ブラック)、ホワイトメタリック6(ホワイト)、マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1(ブルー)の3色をラインアップした。

   価格は45万3600円(税込)。

  • 高速道路も走行可能なモデル登場!
    高速道路も走行可能なモデル登場!
  • 高速道路も走行可能なモデル登場!
    高速道路も走行可能なモデル登場!
  • 高速道路も走行可能なモデル登場!
    高速道路も走行可能なモデル登場!
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中