寒~い冬真っただ中 インドア生活をトコトン楽しめる 「DCMおすすめ」便利グッズ一挙紹介!

印刷

   年末年始の慌ただしさがひと段落して、1年で最も気温の低いシーズンに突入した。湿度も下がって風邪やインフルエンザ、ノロウイルスにかかるリスクも高い。となれば――外出せずに親と子が一緒に料理を作ったり、裁ほうに取り組んだりするのがベター。一方で日が暮れるのが早く泥棒が活動しやすい時期ともいえる。防犯には気をつけたい。

   そんな本格的な冬の日常生活に欠かせない便利グッズや防犯アイテムを紹介しよう。

  • 便利グッズ6選
    便利グッズ6選
  • 「多機能キッチンはさみマグネットケース付き」
    「多機能キッチンはさみマグネットケース付き」
  • 「パリパリ のり切り隊」
    「パリパリ のり切り隊」
  • 海苔をよく見るといくつもの穴が
    海苔をよく見るといくつもの穴が
  • 「ボール・コランダーセット L」
    「ボール・コランダーセット L」
  • 料理から保存まで…いろんなシチュエーションに対応
    料理から保存まで…いろんなシチュエーションに対応
  • 「ボンド 裁ほう上手」は布同士を強力接着
    「ボンド 裁ほう上手」は布同士を強力接着
  • 「ボンド 裁ほう上手」を使った作品例
    「ボンド 裁ほう上手」を使った作品例
  • 「盗撮・盗聴器発見器 AWT-01」
    「盗撮・盗聴器発見器 AWT-01」
  • センサーライト「パトピカ」
    センサーライト「パトピカ」

料理が楽しくなるアイデアグッズ

■鍋料理にもピッタリ! 多機能キッチンはさみ

   働くママにとって料理と子育ての両立は悩みのタネ。いろんな道具をそろえるより1つでマルチに使える方が何かと便利。お勧めしたいのが「キッチンはさみ」だ。まな板なしで食材をチョキチョキできる。冬は鍋料理をする機会が増える。その食材をカットするには打ってつけだ。

   「多機能キッチンはさみマグネットケース付き」(税別948円、以下同)は、はさみ、ナイフ、皮むき、うろこ取り、骨切り、殻割り、缶開け、栓抜きの8つの機能を兼ねた調理器具だ。ハンドル部は指がちょうどいい具合に入るので握りやすい。厚さ約3mmの刃はステンレススチールで、チキンの骨のような硬い食材もザクッと切れる。まな板を傷めないのがなによりうれしい。大きく開くと刃を分解することができ、使用後は接合部までしっかり洗える。

   この冬、親子コミュニケーションの一環として、子どもと一緒に料理する家庭もあるだろう。「わが子に包丁をもたせるのはまだ早い」と考えるなら、キッチンはさみで切る作業を任せるのもアリかもしれない。

■子どもが食べやすい「おにぎり」がつくれる

   日本に古くから伝わる元祖ファーストフード、それは「おにぎり」だ。全体を包む海苔(のり)は、タンパク質や鉄、カルシウム、ビタミン、食物繊維、カロチンを含む。空気中の雑菌がご飯粒に触れるのを防いで腐りにくくする効果も。

   一方でおにぎりに巻いた海苔は、ご飯の粘り気と湿気を含むこともあり、とくにあごの力が発達していない子どもは噛み切るのに意外と苦労する。ご飯がボロボロとこぼれてしまい、「いらないや」と残してしまうことも。しかし栄養満点の海苔を残すのはもったいない。

   「パリパリ のり切り隊」(1180円)は、穴開け器とシリコンシートがセットになったアイデアグッズ。穴開け器には172個の突起が付いており、スタンプを押すような要領で海苔に穴を付けられる。穴のあいた海苔をおにぎりに巻けば、食べるとき2つに割りやすくなる。おにぎりだけでなく、寿司やのり弁当にも使える。

   開発元には、「商品を使い始めてから子どもがよく食べるようになった」というママの声、介護食に役立っているという声、「食べやすくなりおいしさも増し、家族みんなで喜んでいる」といった声が届いているという。

■軽くて手軽、電子レンジもOKなキッチンツール

   使い勝手のいい調理道具は料理へのやる気を引き出す。ボールはドレッシングを作ったり、生地をこねたりするときに活躍し、コランダー(ザル)は野菜の水切りに欠かせない。工程の多い料理を作るとき、ボールやコランダーはあればあるほどいい。

   「ボール・コランダーセット L」(980円)は、ボール・コランダー・フタがセットになった商品だ。きれいに重ねることができ、しかもポリプロピレン製なので非常に軽い。ボールとコランダーを重ねて中に野菜を入れ、水道水で洗い流すとき、浮いた野菜が容器から水と一緒にオーバーフローしない構造になっている。密閉式ではないもののフタが付いており、レンジをするときや冷蔵庫で保管をするとき、ラップ代わりに活躍する。蒸し野菜、温野菜、おひたしなどを作るのに向いていそう。

   販売元によれば「家事や仕事に頑張る、毎日忙しく働く主婦に向けた時短グッズとして開発しました」とのこと。

   最近、「チョップドサラダ」といって野菜をはじめとする具材を1cm程度にカットして混ぜ合わせるサラダが流行っている。ニューヨークではベジタリアンがご飯感覚でもりもり食べていて、日本でも感度の高い人が実践しているそうだ。本セットは、チョップドサラダみたいな料理を作って野菜をお腹いっぱい食べたい、という単身世帯やシニア夫婦にもオススメできる。

   材質はポリプロピレンで電子レンジ対応(耐熱温度140度)。サイズはセット時が直径22.3×高さ15.7(cm)。

入園グッズの準備に忙しいママの救世主かも

■小物入れからバッグまで 糸代わりに使えるボンド

   わが子の保育園・幼稚園の入園が決まったママにとって、1~3月は準備に追われる時期だ。保育用品を購入して持ち物に名前を付ける。入園グッズのサイズが細かく指定されている場合、手作りしたり既製品をアレンジしたりしなくてはならない。技術と時間のある人はともかく、「裁ほうの経験がない」「作っている時間がない」と頭を抱える人も。

   「ボンド 裁ほう上手」(798円)は、そんな悩みを解決する布用接着剤だ。生地の両面に塗布し、生地同士を貼り合わせてアイロンで圧着すると――布の風合いを損ねることなくしっかり固着する。ワッペンを貼るとき、ミシンがなくても簡単にアレンジ可能。ズボンのすそ上げや、ポーチ、ブックカバー、1枚仕立てのフラットバック製作までできるうえ、針を使わないので作業ミスの確率が低い。洗濯やドライクリーニングにも対応している。

   なお、河出書房新社の「針と糸なしで♪ 『ボンド』で貼って作るバッグとこもの」(朝倉史著)には寸法入りの作例が20種類以上載っている。これを参考にして個性豊かな入園グッズを手作りすれば、子どもに喜ばれるだけでなく、ママ友にも自慢できるはず。

手軽に試せる防犯グッズ

■盗聴の危険を感じたら...お守り代わりに発見器を!

   盗聴というと、映画やテレビドラマだけの世界と思われがちだが、実社会では一般人が仕掛けるケースもある。部下の言動を見張りたい経営者や、パートナーの動きを監視したい男女が盗聴器を仕掛けたりするという。

   盗聴器は大きく2つのタイプに分かれる。マイクで拾った音声を電波で飛ばす無線式と盗聴器本体に記録する有線式で、前者の方が普及している。外見別にみると、マッチ箱くらいのボックスタイプ、電話機やその周辺機器に寄生するタイプ、コンセントに偽装したタイプなどがある。

   脅威を感じた場合はプロの発見業者に依頼するのが確実だが、セルフチェックで十分という人は盗聴器発見器で調べてみよう。高いものだと数万円するが、「盗撮・盗聴器発見器 AWT-01」は1380円で購入可能だ。

   スイッチランプを押すと緑色のランプが点灯する。押したままでチェックしたい方向に接近する。本器が不審な電波を検出すると――オレンジのランプが点灯する。ランプが点灯した方向にさらに接近すると、赤いランプも点灯し、ピピピッと警告音が発生して、設置場所を特定する。説明書きによれば、オレンジランプが点灯するのは電波の発生源から約1~2mで、赤いランプが点灯するのは電波の発生源から約60cm以内。検波周波数帯は30MHz~2.4GHz。アンテナ部を含む商品サイズは36×14×78(mm)で、重量は26g。コイン型電池は1日1分の使用で約2か月間もつ。

   本商品はテレビやスマホ、親子電話、Wi-Fi、電子レンジに反応する。実際に使うときはいったん部屋の電化製品をオフにして、コンセント周辺、電話や回線周辺、新聞受け、エアコン周辺など怪しい場所を一つひとつチェックしよう。また無線式盗聴器は、部屋に人がいる状態を感知してスイッチが入る機器が多いので、部屋の音楽を鳴らしていかにも人がいる状態にするといい。

■泥棒対策の第一歩はセンサーライトで

   かつて日本は治安の良さが自慢だった。しかし長引く不況とグローバル化による人の流動化で、その神話は過去のものになりつつある。警察庁の統計によれば、窃盗犯や住居侵入犯の認知件数は年々減少している。これは防犯意識と対策が高まっているからと思われるが、見方を変えれば、ノー対策の家庭は格好のターゲットとなり得る。

   手軽に導入できるのがセンサーライトだ。「パトピカ」(1410円)は、内蔵センサーが人の動きを感知すると、15秒間、LEDがパトカーサイレンのように回転して光る。使用する電池は単3形アルカリ電池3本で約2年間持つ。防雨・防沫・防じん対応なので屋外の壁面・台上・ガラス面、駐車車両上、室内壁面とさまざまな場所に設置可能だ。

   サイズは直径87×45(mm)で、電池を含む重量は150g。単3形アルカリ電池3本を使用し、1日20回の点灯で約2年間もつ。

これらの商品はどこで買える?

   今回紹介した6商品は、ホームセンター国内最大手のDCMホールディングス(東京都品川区)で購入可能だ。全国の「DCMカーマ」「DCMダイキ」「DCMホーマック」「DCMサンワ」の各店舗では、これらの商品を特集したコーナーが2017年2月26日まで設けられている。

   近所にDCMがない場合は、公式通販サイト「DCMオンライン」でも買える。ちなみに同サイトの商品点数は30万点以上で、3000円以上の購入で送料無料になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中