ダイエットは「シェア」する時代に キッコーマンの新アプリ「レコ☆サポ」

印刷

   キッコーマンは「食を通じた健康的な生活の実現を支援する企業となる」ことを目指し、健康管理を楽しみながら続けるためのスマホ用アプリ「レコ☆サポ」を提供している。

   「レコ☆サポ」の特長は、誰かと一緒に健康管理できること。キッコーマンの意識調査では、「一緒に取り組んでくれる人がいたら長続きする」と前向きな考えを表明したのは全体の約8割に上っている。

  • キッコーマン
    キッコーマン
  • 「ユーザー」モード
    「ユーザー」モード
  • 「サポーター」モード
    「サポーター」モード

誰かの食事投稿に応援コメントを

   キッコーマンは2016年11月9日、スマホ用アプリ「レコ☆サポ」の提供を開始した。「レコ☆サポ」に搭載されている機能は、「ユーザー」と「サポーター」の2つ。「ユーザー」モードでは食事や運動の記録を取ったり、体重を入力してグラフを表示したりして、これ1つで体の健康を管理できる。「サポーター」モードでは、「ユーザー」の食事投稿に対しコメントを書き込めるので、励ましの言葉をかけたり、礼を言われたり、コミュニケーションを取れるという。

   キッコーマンはアプリの提供開始に合わせて11月25~28日、健康や食事に気を配る20~50代の男女320人(10歳刻みに男女各40人ずつ)に健康管理の意識調査を行った。「自らの健康寿命はいくつだと思うか」と質問すると、男性は平均67.8歳、女性は平均69.6歳。年代別では、50代が72.1歳、20代が65.5歳となり、若い世代ほど短く予想する傾向があると判明した。

   健康のリスクと認識するものをたずねると、「ストレス」(79.7%)、「運動不足」(75.3%)、「不規則な生活」(60.3%)、「睡眠不足」(60.0%)となった。健康管理のために十分な睡眠時間を確保したり、適度に運動したりして、食べ過ぎないように心がけても、「生活習慣の改善に挑戦したが、長続きしなかったことがある」と答えたのは全体の83.4%に上った。

   だが「レコ☆サポ」を使えば、一緒に頑張っている仲間が支えてくれる。「一緒に取り組んでくれる人がいたら(生活習慣の改善は)長続きすると思うか」の質問に対し、「長続きすると思う」と回答したのは全体の約8割(「長続きすると思う」19.7%、「まあ長続きすると思う」62.2%)に及んだ。2017年は、ダイエットや健康管理をシェアする時代の「元年」となるかもしれない。

   正月におせち料理や餅を食べ過ぎて腹回りが...というアナタ。仲間と協力し合う「今ドキ」のダイエットはいかがだろうか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中