20歳を迎えたバッハが、憧れのオルガニストの演奏を聴いて書いた「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」

印刷

   ひと昔前までは1月15日固定という感覚だった成人の日ですが、最近はハッピーマンデー制度により移動するようになりました。2017年の今年は1月9日の月曜日となり、7~9が三連休でしたから、事実上「松の内の延長」気分で、どことなくお正月が続いていましたね。本来は9日に行うべき成人の日の行事も、Uターンラッシュや10日からスタートする久しぶりの平日に備えて、1日前倒しで8日に行ったところもあったようです。

   今日取り上げる曲は、「音楽の父」J.S.バッハが、20歳になった時に書いた有名なオルガン曲、「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」です。

  • 大変有名なトッカータの冒頭部分の楽譜(ブゾーニによるピアノ編曲版)
    大変有名なトッカータの冒頭部分の楽譜(ブゾーニによるピアノ編曲版)
  • 3分ほどのトッカータの後続くフーガも傑作
    3分ほどのトッカータの後続くフーガも傑作

ヴァイオリニストとしてキャリア始まる

   バッハが生きたバロック時代、すなわち17世紀後半から18世紀にかけては、現代と比べると平均寿命も短く、その時代の20歳というと、現在より十分大人だったのかもしれませんが、65歳の天寿を全うしたバッハにとって、20歳はやはり「若い時代」でした。代々音楽家を輩出してきたバッハファミリーの一員であったので、ヨハン・セバスティアン・バッハも若いころから熱心に音楽を学び、音楽家になるのが既定路線でした。

   18歳の時、出身地アイゼナハと同じチューリンゲン地方の都市、ヴァイマールの宮廷楽団のヴァイオリニストに就職し、プロとしてのキャリアをスタートさせます。そして、同じチューリンゲンのアルンシュタットという街の教会に新しいオルガンが設置された、ということで、バッハはその試弾にゆき、腕前を認められて、オルガン奏者にも任命されます。現在は「バッハ教会」と呼ばれているアルンシュタットの教会での勤務はそれほど忙しいものではなかったので、彼は20歳を迎えた時に、4週間の休暇を取って、北の都市、リューベックを目指すことにします。そこには、広く名が轟いていた名オルガニスト、ブクステフーデがいたからです。現代風に言えば、既に大学入学年齢から現場で働いていたバッハが、さらに専門職の腕を磨くため、自ら休暇を願い出た、というところでしょうか。彼の向学心がうかがえます。

師の娘との結婚を断るも...

   しかし「若者はお金がない」のは今も昔も変わらない相場で、ドイツ中部チューリンゲンの森北部にあるアルンシュタットから北部バルト海に面したリューベックまでは400キロも距離があるのですが、バッハはなんと徒歩で北を目指します。途中で空腹で倒れそうになりながらもリューベックに到達したバッハは、噂にたがわぬブクステフーデの素晴らしい演奏を聴き、感激します。実は、ここで、バッハも演奏し、腕を認めたブクステフーデから、リューベックが務める聖マリア教会オルガニストの後任にならないか・・・と持ちかけられたのですが、それには「ブクステフーデの30歳の娘と結婚すること」という条件が付いていたので、バッハは丁重に辞退します。10歳年上のお嫁さんをもらう条件と抱き合わせのポストは、バッハといえども承諾しかねたのでしょう。

   4週間のはずが、気が付いたら3か月もの長期休暇になってしまい、バッハは戻ったアルンシュタットでひどく非難されます。無断で休暇を大幅延長した、ということと、彼がリューベックから帰ってきたら、オルガンの演奏がどえらく斬新なものになってしまい、保守的なアルンシュタットの人たちが驚いてしまったからです。それだけ、ブクステフーデの演奏は、バッハに衝撃を与え、彼は、その体験から新たな音楽を生み出す力が湧いてきたのです。

   この時期に作曲された1曲が、オルガン曲「トッカータとフーガ ニ短調」です。冒頭のトッカータの出だし部分が、現代でもサスペンスドラマやCM、さらには替え歌となって日本でも親しまれているこの曲は、バッハの時代以降すべての人を魅了し、ブゾーニなどによるピアノ編曲版も頻繁に演奏されています。

   「成人」になったばかりのJ.S.バッハの20歳のみずみずしい感性が、偉大な先人の演奏にインスパイアされて生み出した曲は、クラシック音楽史に残る名曲となったのです。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中