マルちゃん正麺から「赤」「黒」2種類の担担麺 辛すぎない辛さが魅力【レビューウォッチ】

印刷

   東洋水産は2017年1月9日、「マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺 赤」「マルちゃん正麺 カップ ごま辛担担麺 黒」を発売した。

   人気シリーズ「マルちゃん正麺 カップ」から新商品が登場。「赤」はポークの旨味をベースにした担担スープに花椒とラー油を、「黒」はチキンの旨味をベースにした担担スープに黒ねりごまのコクと黒いりごまの香ばしさを利かせた。

  • 食べ比べるのも楽しそう
    食べ比べるのも楽しそう

辛党にはちと物足りない?

   ツイッターを見てみると、「黒」には

「黒ゴマの分、白ゴマ使用の普通の担々麺に比べて香ばしい感じ」
「マルちゃん製麺オリジナルの生麺に黒ごま、ねりごま、すりごまが絶妙にマッチし、スープに麺がよく絡む。辛さも辛すぎずちょうどよく箸が進む進む」

   「赤」には、

「濃厚な担々スープにラー油と程良い辛さの花椒の風味が良いですよ。こういう寒い日に食べたいです」

といった感想が寄せられている。食べやすい辛さに仕上がっていて、そこまで辛いものが得意ではない人でもイケそうだ。

   一方、辛さを期待したであろう人からは

「寒い。。ので、マルちゃん正麺の赤を食べたけど、マーもラーも足りねえ。。」

と残念がる声が。強い「カラシビ」感を求めて食べたら物足りなく感じてしまうかも。

   希望小売価格はいずれも205円(税抜き)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中