勝手に開催「ハッピーターン×調味料選手権」 勝者はやっぱりあの定番薬味!

印刷

   カレーにマヨネーズ、ラーメンにお酢...などなど、料理に意外な調味料などを「チョイ足し」する食べ方はもはや定番の楽しみ方となっている。

   そんな「チョイ足し」で、亀田製菓が販売する大人気のせんべい「ハッピーターン」にわさびを合わせると美味しくて鼻にツンとも来ない、と少し前から話題になっているのをご存知だろうか。

   果たして本当に美味しいのか?さらに他の薬味で試したら意外な美味しさが発見できるのでは?と思い、色んな「ハッピーターン×調味料」を食べてみることにした。

  • テレビで取り上げられただけある実力
    テレビで取り上げられただけある実力
  • 左からわさび、もみじおろし、粒マスタード、レモン胡椒
    左からわさび、もみじおろし、粒マスタード、レモン胡椒

「ナイトスクープ」で紹介され話題に

   ハッピーターンとわさびの組み合わせは、朝日放送の人気番組「探偵!ナイトスクープ」2015年5月8日放送回で紹介された。

   1枚のハッピーターンにわさびを盛り盛りにのせても、もう1枚のハッピーターンでサンドすると、ツンとしないというもの。

   ハッピーターンにまぶされた調味粉、通称「魔法の粉」に秘密があるのでは、と見た依頼者と探偵の石田靖さんが、魔法の粉とわさびを混ぜ合わせて食べると全然辛くないことを発見。それをハッピーターンに付けて食べた石田さんは「めっちゃ美味い!これ最高やん!」と絶賛していた。

   放送から約2年が経過した今、作曲家・編曲家・音楽プロデューサーの木之下慶行さんのツイートで、この食べ方が再注目を集めている。

   わさびが辛くなくなるという面白さばかりか、ハッピーターンがさらに美味しくなると感じる人も少なくないよう。ハッピーターンもわさびも好物な筆者も試してみることにした。

意外と合う調味料は少なく...

   テレビで放送されたこともあり、「ハッピーターン×わさび」だけなら既に多くの人が試しているので、他の調味料も同じようにハッピーターンと組み合わせ、どれが最も美味しいのか調査してみた。

   用意したのは、わさび、もみじおろし、粒マスタード、レモン胡椒だ。

   4枚のハッピーターンに、4種の調味料をたっぷりめにのせ、ハッピーターンでサンドしていただいた。

   (1) わさび

   本当にツンとしない、そして美味しいではないか!わさびの風味に負けず、「魔法の粉」の甘さもしっかりと感じられる点でかなり高く評価できる。

   (2) もみじおろし

   もみじおろし自体に強い味があるわけではないので、ハッピーターンと組み合わせても、ただハッピーターンを食べている感覚だ。おろしの水分で食感も悪くなり、正直「チョイ足し」の意味を見出だせなかった。やはりもみじおろしは鍋料理と合わせるのが一番か。

   (3) 粒マスタード

   ハニーマスタードソースが存在するくらいだし、甘い魔法の粉と相性がいいのでは?と期待していたのだが、マスタードの酸味が魔法の粉の甘さに勝ってしまい、ただの「マスタード味のせんべい」になってしまった。

   (4) レモン胡椒

   こちらもレモン胡椒の塩味が甘さに勝ってしまった。さらにわさびと違い、ハッピーターンでサンドしてもかなり辛く、口内に残るのはレモン胡椒の味のみ。のせすぎたかと思い微量のレモン胡椒でもチャレンジしてみたが、やはり塩気の方が強かった。

   結果は、やはり多くの人が太鼓判を押した「わさび」の圧勝だった。酸味や塩味がある調味料は魔法の粉の甘さを打ち消してしまうが、わさびの風味や香りは魔法の粉と相性がいいようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中