バカッターになる男ならない男 ギャルウォッチ的分析 

印刷

   2013年頃にツイッターなどでバカげた投稿を晒す「バカッター」が大繁殖したのは記憶に新しいところですが、最近ではユーチューブやインスタグラム、ニコニコ動画などに、迷惑行為を収めた動画を公開する悪質な行為が目立っています。

   おでんツンツン男に、チェーンソー男、最近ではお酒ツンツン男――と、度重なるイタ~イ迷惑動画に呆れた人も多いでしょう。

   では、なぜ彼らはこういった迷惑動画を晒してしまうのでしょうか。

   今回はその疑問を紐解いていきたいと思います。

ネットは怖いということをもっと知ってね
ネットは怖いということをもっと知ってね

「勘違い」が落とし穴

   【その1:「目立ちたい」「人気者になりたい」といった精神の表れ】

   まず1番に言えることは、彼らの「目立ちたい」「人気者になりたい」といった精神です。

   周囲からチヤホヤされたい、注目されたい心理状態からこういった行為に及ぶケースが多く、彼らの場合、周囲に認められたいといった承認欲求の気持ちが非常に強いのだと言えるでしょう。

   また、ネット(バーチャル)の世界だからこそ、友達以外の知らない人と交流出来るため、違った意味で注目される動画を公開することで、一種のヒーローのような感覚に陥るのだと思います。

   【その2:「今が楽しければいい」といった浅はかな考え方】

   次に挙げられるのは、若者達が思い描く「今が楽しければいい」といった、浅はかな考え方です。

   みなさんも若い時は、少なからず、将来のことよりもその場のノリや、今をいかに楽しく過ごすか――と、目先の利益や快楽を求めて暮らしていたこともあったのではないでしょうか。

   実際に私も高校生だった10代の時には、「その場が楽しければOK!」と、将来のことよりも、いかに毎日を有意義に過ごすかを重点に、その日暮らししていたように思います。

   そして、そんな思いがあるから故に、遊びの延長の"線引き"が分からなくなってしまうと言えるでしょう。

   【その3:「みんなも楽しんでくれるはず!」といった勘違い】

   その2からの続きになりますが、周りの友達と遊んでいる感覚で、「自分や友人が楽しいと思うことは、ネットを見てくれているみんなも楽しんでくれるはず!」と、変な勘違いをしてしまうことも挙げられます。

   また、SNSの魅力は知らない人とも交流出来ることですが、会ったことのない人からコメントや「いいね!」がくることで、それがいつしか快楽に繋がり、さらにはひと目を引くために過激な行為に及ぶと言えるでしょう。

一生ネットのさらし者になって生きていく

   【その4:「リアル」な自分を「ネット」の世界でも活かしたいと思う重度のSNS依存】

   そして、最近の若者に多いのが重度のSNS中毒です。

   四六時中、携帯をイジって生活していることで、リアルとネット(バーチャル)の世界の判別が付かなくなり、混合した生活を送ってしまっていると言えます。

   そのため、自分の個人情報も「個人情報」だと思わず、平気で学校名を言ってしまったり、どういった暮らしをしているかも公開し、より「リアル」な自分を「ネット(バーチャル)」の世界でもところかまわず発信したくなるのです。

   つまり、「リアル」な自分を「ネット」の世界でも活かそう(生かそう)といった思いが非常に強いのだと言えるでしょう。

   【その5:拡散数=「有名になれた」の取り違え】

   最後に言えるのが、SNSの驚異的な影響力や反響力を勘違いしていることが多く、例え迷惑行為を収めた動画であっても、それが拡散されればされるほど「有名になれた」と取り違えてしまっているのです。

   だからこそ、後々になってからようやく「やばいことをしてしまった...」と気付くケースが多く、言うならば、その時やっと「現実の世界」へ戻ってきたと言えるでしょう。

   以上、これらが私なりに考えた見解ではありますが、まず、彼らに言えることは、ネット(バーチャル)の世界の怖さをもっと知る必要があることだと思います。

   また、現実の世界での遊び、ネット(バーチャル)の世界での遊びをきちんと明確にして、それを判別する力を養わないといけないと言えるでしょう。

   そして、バカッターの「写真」とは違い、最近の「迷惑動画」は一度晒してしまうと、鮮明な顔や声、体型などの膨大な個人情報がネット(バーチャル)の世界から消えることはなく、一生ネットの晒し者として生き続けなければならないのです。

    ツイッターはもちろん、ユーチューブやインスタグラム、ニコニコ動画などを使う人は、少なからず、こういった怖い落とし穴があることを注意して使用するとともに、便利の裏には、危険が紙一重であることを知った上で利用するのが大前提だと言えそうですね。

grp編集長・安部舞紗

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中