三国志の英雄が口座を守る? 曹操や劉備らが「はんこ」に

印刷

   インターネット上ではんこを販売する「印鑑はんこSHOPハンコズ」は、三国志の武将たちを彫刻したはんこ「三国志図鑑」を発売した。同店を運営する岡田商会が2017年2月3日、発表した。

  • 三国志図鑑
    三国志図鑑

「ニッポンの歴史を旅するハンコ」の一環

   三国志に登場する英雄たちのイラストと名前を彫刻した。曹操、劉備、呂布、関羽、趙雲...細かい登場人物も含めると、1000人以上を数えるといわれるが、物語の核となる有名人物19人に絞られた。

   「甲州手彫印章」という書体で、伝統工芸士の遅澤流水氏が手書きした。はんこの材質は、黒水牛と柘植の2種類だ。いずれも認印、銀行印として利用できるという(スルガ銀行、八十二銀行を除く)。

   「三国志図鑑」は、「ニッポンの歴史を旅するハンコ」というテーマを掲げる「ニッポン匠(TAKUMI)紀行」シリーズの一環。これまでにも仏像や浮世絵、妖怪などを取り上げている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中