東武鉄道、昭和30年代の試験塗装車両のリバイバル車両を運行

印刷

   東武鉄道は、亀戸線周辺(曳舟~亀戸)の下町エリア活性化を目的に、昭和30年代に採用されていたリバイバルカラー車両(8000系車両)1編成の運行を2017年2月16日に開始する。

   亀戸線は、東京スカイツリータウン(R)が近隣に所在し、23区内ながらも2両編成で運行している下町情緒あふれる路線。昭和30年代の「標準色」を再現したリバイバルカラー車両(インターナショナルオレンジ色の車体にミディアムイエロー色の帯)も、昨年運行を開始し好評を得ていた。

   今年のリバイバルカラー車両は、昭和30年代に試験塗装車両としてわずか4両のみに塗装されていた、グリーン色の車体に白色系の帯を締めたカラーリングをイメージした。同車両運行初日の2月16日には、亀戸線沿線の幼稚園児を招待し、亀戸駅で出発式を開催する。

  • 昭和30年代の試験塗料車両をイメージ
    昭和30年代の試験塗料車両をイメージ
  • 昨年運行したリバイバル車両(左)と現行カラーリングの8000系車両(右)
    昨年運行したリバイバル車両(左)と現行カラーリングの8000系車両(右)
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中