柴崎岳、移籍10日間で6キロ激やせ情報 島生活のナニが合わないのか

印刷

   【スポメディア・ウォッチ】

   Jリーグ鹿島からスペインリーグ2部のテネリフェに移籍したばかりのMF柴崎岳(24)だが、カナリア諸島に拠点を置くクラブでの新生活になじめていないようだ。

   2017年2月13日付「GOAL」によると、柴崎は食事が合わず胃腸炎にかかったうえ、6キロやせたとの情報も出ているという。

  • 柴崎岳の名はCDテネリフェ公式サイトにも既に掲載されている(画像は同サイトのスクリーンショット)
    柴崎岳の名はCDテネリフェ公式サイトにも既に掲載されている(画像は同サイトのスクリーンショット)

現地生活に順応できるよう代理人がサポートか

   柴崎はナーバスになっており、次節19日のアルメリア戦に出場できるかは微妙な状況だ。柴崎の代理人・ロベルト佃氏が、現地生活に順応できるようサポートするのではないかとされている。

   1月末に移籍が決定し、2月1日に現地で入団会見を開いた柴崎は、片言ながらスペイン語をしゃべり、やる気満々で臨んでいた。しかし、練習ではコミュニケーションがうまく取れず、10日付「日刊スポーツ」ではキャプテンのMFスソが「柴崎のチームへの適応は難しい。なぜなら自分たちの言語を話さないからね」と話したとされている。

   さらに、渡欧後2週間足らずで6キロ減の「激やせ」報道と、食生活にも大きな不安を匂わせる形となった。鹿島アントラーズ在籍時の公式サイトによると柴崎の体格は175センチ、64キロ。元々細めの体格で、屈強な選手が多い欧州ではなおさら見劣りしていた。「いま自分がプレーできるものを全て出したい。選手として成長していきたい」と入団会見で話した柴崎だが、不安続きの船出となっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中