ビジネスリュックに新提案 ハイテク素材で快適さ向上

印刷

   バッグメーカー、エースは、ブランドの一つである「ace.(エース)」から、ビジネスリュック「EVL(イーヴイエル)-3.0」を2017年2月10日に発売した。東日本大震災をターニングポイントに、スーパークールビズによるファッションのカジュアル化や、健康志向による自転車通勤の増加、スマートフォンの普及でハンズフリーが求められるようになったことから、ビジネスリュックの需要は年々高まっているという。

アウトドアリュックのノウハウを取り入れた「EVL-3.0」

   ビジネスリュックの人気上昇は、背負うことで身軽となり書類やパソコンなどの重い荷物を楽に持ち運ぶことができる"使用時の快適さ"が大きな要因。

   その快適さをさらに高めるため"ショルダーハーネス"に着目し、ハイテク素材を活用することで独自の工夫を施した。アウトドアリュックのノウハウを取り入れ、肩にフィットする立体カーブ形状と脇・首回りへの締め付けを和らげるクッション構造を搭載。フィット感をアップさせ、締め付け緩和によって負荷が分散し背負い心地を向上させた。

   また、帝人が開発した超極細ポリエステルファイバー「ナノフロント」を裏面に使用することで、滑り止めとなるうえ摩耗で服を傷めにくく吸水速乾性も持ち合わせている。このため、ショルダーハーネスのズレ防止用チェストベルトが不要だ。

   カラーはブラックとネイビー。リュックタイプ3型、3WAYタイプ3型をラインアップした。

   価格(税別)は2万3000円~3万5000円。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中