柴崎は「退団すると言っていない」テネリフェGMが明かす

印刷

   【スポメディア・ウォッチ】

   Jリーグ鹿島からスペイン2部テネリフェへ移籍したMF柴崎岳(26)が体調不良に陥っている問題で、テネリフェのビクトル・ペレス・ボレゴGMが

「彼はクラブを退団するとは言っていない。テネリフェでプレーしたいと言っていた」

と明かした。

   日刊スポーツの2017年2月15日付によると、地元紙「エル・ディア」の系列ラジオ局の番組で14日(現地時間)、述べたという。

  • テレリフェの公式サイトより
    テレリフェの公式サイトより

「克服にどれだけかかるかはわからない」

   柴崎は入団まもなくして胃腸炎を患い、チーム練習からの離脱を余儀なくされた。チームメートとは言葉の壁に阻まれており、体重が6キロやせたという現地報道もあった。

   チームの公式サイトは13日(現地時間)、「柴崎選手は不安障害に陥っている可能性があり、専門医の診察を受けることになった」と公表。早くも日本への帰国を希望しているとの観測も流れた。

   ボレゴGMはラジオ番組でそうした報道内容を否定した上で、彼がテネリフェ島に馴染んでいないことは認めた。「練習は出来ていないが、柴崎は落ち着いている。深刻になるほど大げさなものではない。柴崎のようなケースになることは多くの人にあるものだ。日本語しか話せないし、時間や食事など文化の変化は大きすぎる」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中