鹿島、蔚山とのACL初戦勝利 「俺が点取る」宣言のFW鈴木優磨の結果は

印刷

【スポメディア・ウォッチ】

   アジアナンバー1のサッカークラブを決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が開幕した。鹿島アントラーズはホームで2017年2月21日、グループリーグ(GL)初戦を蔚山現代(韓国)と行い2-0で勝利した。

   得点したのは、エースFW金崎夢生(むう、28)とFW鈴木優磨(20)の2人。鈴木は前日に「自分が点を取る」と決意を述べており、宣言通りに自らのゴールでチームを勝利に導いた。

  • 得点した金崎夢生(左)と鈴木優磨(画像は鹿島アントラーズ公式サイトから)
    得点した金崎夢生(左)と鈴木優磨(画像は鹿島アントラーズ公式サイトから)

「俺は夢生くんを見てプレーしている」

   鹿島は2シーズンぶりのACL出場で、前回2015年大会は3連敗で始まりGL敗退に終わっていたが、今大会は好スタートを切った。後半19分にコーナーキックから金崎がヘディングシュートで先制すると、同37分には後ろ向きで胸トラップした金崎がゴールに背を向けたまま自分の頭上を越えるパスを送り、走り込んできた鈴木が追加点を決めた。

   21日付「ゲキサカ」が、試合後の2人のインタビューの模様を伝えている。金崎はトップでコンビを組んだ鈴木とのアベック弾に「何とも思ってません。(アシストの相手が)鈴木じゃなかったらもっと良かった」と後輩をいじった。一方の鈴木は「俺は夢生くんを見てプレーしているし、分かり合っているところがある。いいパスをくれた」と喜んだ。

   鈴木は試合前日「気持ちは高ぶっている。自分が点を取って勝つ」「(金崎と2人で得点を)決めたいですね」と血気盛んに述べており、宣言通りの結果をもたらした。

   鈴木はプレシーズンマッチ含めここまで8戦9ゴールと好調を維持している。16年12月のクラブワールドカップ準決勝アトレティコ・ナシオナル戦では、ゴール時にクリスティアーノ・ロナウドのパフォーマンスをマネして話題を呼んでいた。

   ACLのGLは4チーム総当たりのホーム&アウェーで行われる。鹿島の次戦は2月28日、ムアントン・ユナイテッド(タイ)とアウェーで戦う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中