甲子園でふたたび「清宮ルート」
最後の春で異例のVIP並み

印刷

【スポメディア・ウォッチ】

   甲子園であの「清宮ルート」がふたたび講じられるようだ。

   2017年3月19日から開幕する第89回選抜高等学校野球大会(主催:毎日新聞社、日本高等学校野球連盟)で、清宮幸太郎選手(2年)を擁する早稲田実業高校(以下、早実)が「別ルート」で甲子園球場に入場する。スポーツ紙各紙が報じた。

  • 甲子園球場
    甲子園球場

「清宮フィーバー」はまだまだ続く

   リトルリーグ時代から「怪物スラッガー」として、野球関係者の熱い視線を集める清宮選手。早実に進学すると人気は年々加熱。1年生で出場した15年夏の甲子園では、安全面を考慮し、一般人と接触しないルートで球場入りする異例の措置がとられた。

   主将として迎える今大会も、「清宮フィーバー」はおさまることを知らず、ふたたび「清宮ルート」が取られるという。

   高野連は3月2日、J-CASTニュースの取材に対し、まだ本決定ではない、と前置きしつつも

「雑踏警備の観点から、早稲田実業はほかの高校とは違ったルートから球場入りする案を検討している」

と答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中