本田真凛の連覇、阻むか 
織田信成が指名した選手とは

印刷

   【スポメディア・ウォッチ】

   フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(台北、2017年3月15~19日)が、ファンの間で熱い視線を浴びている。

   女子の本田真凛(15)が連覇を果たすのか、他の選手が待ったをかけるのか。解説者の織田信成が3月2日放送の「あさチャン!」(TBS系)で本田のライバルに指名したのは、16年ジュニアGPファイナルの銅メダリスト・坂本花織(16)だった。

  • 日本スケート連盟の公式サイトより
    日本スケート連盟の公式サイトより

織田は「メリハリが大事」と助言

   坂本は今シーズン、全日本ジュニア選手権とジュニアGP横浜大会、西日本選手権で優勝するなど勢いを増している。本田はいずれの大会にも出場し、3位、2位、2位と苦杯を喫している。織田も坂本の活躍に「今シーズン、1番乗りに乗っていると言っても過言ではない」と目を見張る。

   坂本は15年9月、成長による体重の増加で右足すねに疲労骨折を負い、リハビリで約1カ月間、リンクに立てなかった。当時のことを「その間に(周りの選手の)レベルがすごい上がったので、スケートは見ないようにしていた」と振り返る。「来年には自分もそこに行けるようにしよう」。苦い経験をばねに今季、自己ベスト(ISU認可の大会)を170.95から187.81へ更新した。

   自らの弱点を聞かれると、「人にアピールするのが苦手なこと」。織田はそれを聞くと、カメラ目線で「アピールするときはもう表情、表情。指先に表情を乗せていく感じ」と指導し始めた。

「メリハリが大事やから。ずっと笑ってたら、変なやつやろ。普通のところは普通にする。で突然、笑う!」

   大先輩直伝のアドバイスを活かし、狙うは世界ジュニア選手権では自身初の表彰台だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中