2.1chホームシアターJBL「CINEMA SB450」4K Ultra-HDパススルー対応

印刷

   各種オーディオ製品を扱うハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドから2.1チャンネルのホームシアターシステム「CINEMA(シネマ) SB450」を2017年3月3日に発売した。4K Ultra-HDパススルーに対応し、本機経由でブルーレイプレーヤーなどの機器を接続した際も最上位フォーマットのまま入力、再生でき、クリアで迫力ある映像と音を楽しめる。

  • クリアで迫力ある映像と音を楽しめる
    クリアで迫力ある映像と音を楽しめる
  • 映画館やコンサートホールの「JBL」サウンドをリビングで
    映画館やコンサートホールの「JBL」サウンドをリビングで
  • コンパクトなサブウーファーはサウンドバーとワイヤレス接続
    コンパクトなサブウーファーはサウンドバーとワイヤレス接続

世界中の映画館などで使用されている音響テクノロジー搭載

    世界中の映画館やコンサートホールなどで使用されているという、JBLの音響テクノロジーを搭載。迫力と臨場感のあるバーチャルサラウンドを最大出力440ワットでドライブし、テレビや映画鑑賞のほか、音楽やゲームなど様々なサウンド再生を楽しめる。コンパクトなサブウーファーはサウンドバーとワイヤレス接続し、セッティングの自由度が高い。

   接続は付属の光デジタルケーブルで簡単に接続できるのに加えBluetoothにも対応する。カラーはブラック。

    価格はオープンだが、「ハーマン公式通販サイト」での価格は5万9880円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中