AIが抽出した、聞き違えやすい言葉を掲載したデジタル辞書

印刷

   三省堂は、無料のデジタル辞書「聞き間違えない国語辞典」をパナソニックと共同開発し、2017年3月3日にWebサイト上で提供開始した。

   「Talking Aid Project」の一環として開発された。「Talking Aid Project」は、難聴の人が聞き取りやすい言葉が飛び交う、「言葉のバリアフリー」社会を目指す啓発活動。

   辞書には、聞き違えやすい言葉の言い換えや話し方のコツを掲載した。具体的には、聞き間違えの頻度の高さを判定するAIプログラムが、三省堂の辞書 「スーパー大辞林3.0」の約25万語から約150万組を抽出した。

   たとえば、「いちじ(一時)・しちじ(七時)」のような聞き間違えやすい言葉を「じゅうさんじ・にじゅうごじ・ななじ」のように言い換えるなど、より伝わりやすくするための話し方のコツを提案している。

   スマートフォンからのみ利用可能。対応環境は、iOSが 9.0以上、Androidが 4.4以上。なお、Webサイトは2018年3月2日まで運用予定。

  • 聞き違えやすい言葉の言い換えや話し方のコツを掲載
    聞き違えやすい言葉の言い換えや話し方のコツを掲載
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中