競泳の合図「ヨーイ」から「Take your mark」に
「発音大丈夫?」と心配の声

印刷

   日本水泳連盟(JASF)は、競泳の国内大会でのスタートの掛け声を、これまでの「用意(ヨーイ)」から「Take yout mark(テーク・ユア・マーク)」と英語でアナウンスすることを決定した。JASFが2017年3月8日、J-CASTニュースの取材に答えた。

   新アナウンスは、17年4月13日から16日までの4日間開催される日本選手権水泳競技大会から施行される。

  • 発音は大丈夫か?
    発音は大丈夫か?

2020年の東京オリンピックを視野

   JASFは取材に対し、

「これまでも国内の国際大会では、スタートの掛け声は英語だった。国内大会でも一部で採用している」

と話し、選手含む現場の混乱や抵抗はない、とした。

   競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」の公式ツイッターアカウントも17年3月7日、 「2020年の東京オリンピックに向けて、競技会も国際ルールに対応していきます」と報告した。

   ネット上では、

「発音大丈夫?」
「確かに国内大会と国際大会で合図が違うとスタートミスしないのかなぁと思ってオタけれど」
「柔道だって「一本(IPPON)」とか言ってるんだし。 グローバル化だからな。従おう」

と様々な反応があがった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中