「舞妓はん」から肌でとろける「美容液コンシーラー」

印刷

   常盤薬品工業は、日本の伝統化粧の技法と心を活かしながら、現代女性が共感できるリアリティや質感を融合させたコスメブランド「舞妓はん」から「美容液コンシーラー」(全2色)を2017年3月14日に発売する。

  • 「桜色」(左)と「肌色」
    「桜色」(左)と「肌色」

カバーしながらもうるおいをキープ

   肌の上でとろけて、くま、しみ、毛穴、にきびあとをさらりとカバーし、美肌に仕上げるスティックタイプのコンシーラー。こだわりの「平丸芯」を採用し、トラブル部分の広さに関わらず自在にケアできる。

   凹凸にもぴったりフィットするので、隙なくカバーし均一な肌に仕上げてくれる。また、大小2種類の板状パウダーがうす膜を形成し、カバーしながらも自然な素肌美を演出。さらに、「椿油」や「杏子油」を配合することで、肌に溶け込むような使用感を実現した。カバーしながらもうるおいをキープしてくれる。

   汗・皮脂に強い独自の撥水&撥油処方。SPF50・PA++++、桜詩のかほり。

   明るめ仕上げの「桜色」(カバーピンク)と素肌になじむ「肌色」(カバーベージュ)の2色をラインアップした。

   全国のバラエティショップなどで取り扱う。

   価格は1300円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中