「スキー」夏見円が世界3位! 小倉「勝因」分析

印刷

   「こういった競技で日本人が活躍するのは嬉しいですね」(小倉キャスター)。

嬉しいですね

   ストックホルムで開かれているノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離。スプリント・クラシカル女子(1キロ)で、夏見円(29)=JR北海道=が3位と健闘し、日本で初めて表彰台にのぼった。

   『とくダネ!』冒頭のオープニングトークで、以前スキーをやっていたという小倉がこの話題を取り上げ、うん蓄を傾けた。

   小倉によると、過去、オリンピック、W杯を通じどうしてもメダルを手にできなかったのが、このクロスカントリー距離競技だったという。

   この競技はフリーとクラシカルがあり、フリーはどういう滑り方でもいいが、クラシカルは制限があり、スキーを平行にして滑らせないといけない。それだけに大変きつい競技という。

   番組は、その過酷な競技のW杯で、上位6位に残った夏見の決勝レースを放映した。

   終盤4位につけていた夏見が最後の登りで追い上げ3位をキープしたままゴール。表彰台にのぼった夏見の笑顔が輝いた。

   「このニュース見て、日本人の体格が良くなったと思いましたね。これはしんどい競技、体格の勝負ですからね」(桜美林大学大学院教授の諸星裕)も絶賛した。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中