「糖質ゼロ」「砂糖ゼロ」「ノンシュガー」「シュガーレス」…どれが一番少ないの?

印刷

   店先には糖分が少ないことをうたった食品が溢れている。アルコール飲料では「糖質ゼロ」や「糖質70%オフ」、果汁で割った焼酎サワーには「糖類ゼロ」、コーヒー缶は「無糖」、粉末コーヒーのパックには「砂糖ゼロ」や「ノンシュガー」とある。さらに「シュガーレス」「微糖」「低糖」を加えれると、こうした糖に関する表示は8種類にもなるという。では、どれが一番糖が少ないのか。

「無」「ゼロ」「レス」でもわずかに含まれいる糖質

   塚原泰介アナ「この中で最も糖が少ないのは『糖質ゼロ』です。糖質とは糖類、多糖類、糖アルコールなどを総称したもので、糖質ゼロはこれらがほとんど含まれていないということで、表示の中では最も糖が少ないということになります」

   糖類は二糖類と単糖類に分かれ、二糖類は砂糖など、単糖類はブドウ糖や果糖などで、「砂糖ゼロ」は他の糖質は含まれているが、砂糖は入っていないという意味だ。だから、糖質ゼロより範囲は狭い。

   シュガーレスやノンシュガーはどうなのか。

   塚原「消費者庁の栄養基準では、無、ゼロ、ノン、レス、フリーの場合は糖分が100グラム当たり0・5グラム未満。低糖、微糖は100グラム当たり5グラム以下、液体ならば100ミリリットル当たり2・5グラム以下です。だから微量に糖は含まれています」

(磯G)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中