スッキリ!!

讃岐「廃棄うどん発電」3日寝かせてメタンガスで40世帯分の電気供給

2013/8/ 8 12:45

テリー伊藤納得せず「まず、捨てるうどんの量を減らすべきだ」

   加藤「これ今後につながりますよね」

   だが、キャスターのテリー伊藤は首を傾げる。「廃棄処分が6000トンというのが驚き。それを少なくした方がいいかな」と笑った。「20分で捨ててるっての は、あんまりいい絵ずらじゃない」

   加藤「商売でそうなってる。では廃棄されたものをどうするのか」

   現地を見た西村は「おいしいものをおいしい状態で出すのとロスを入れると、1割近くになるそうです。それを何とか循環させられないかというプロジェク ト」という。

   おおたわ史絵(内科医)「他の地域でも、北海道のジャガイモとか、古々米だとかに使える技術になるんじゃないですか」

   加藤「でんぷんがあれば…」

   西村「うどんは効率が非常にいいんだそうです。また、最後のガスまでいくのもなかったのです」などと、投資がどうとかみんなワイワイやっているが、テリーは「しつこいようだけど、6000トンを3000トンにするようにがまんできないのかね。捨ててるのが正義になるってのがどうも嫌なんだよね」

   いいぞ。きょうのテリーはきわめて正常だった。

文  ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

想像してみて下さい、景色の良いゴルフコースで、自分と息子と孫で楽しんでいる姿を・・・

不思議なことに出会うと誰もが一瞬「なぜ?」「どうして?」と興味を抱きます。

ピックアップ'

ミニッツで読もう『がんばれアリストデモス』

古代・スパルタ教育本家に生まれ育ったアリストデモス。彼のがんばり人生を応援してほしい!

ミニッツシンキング

アルフレッド・バニスターのモード靴なども大幅プライスダウン。

おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ