渡辺えり「あまちゃん『暦の上ではディセンバー』の振付けは全部覚えさせられた」

印刷

   女優の渡辺えり(58)がドラマ「あまちゃん」(NHK総合)の思い出を9月26日(2013年)のブログで振り返っている。劇中歌「暦の上ではディセンバー」の踊りを披露するため、「太巻」こと荒巻太一役の古田新太(47)から指導を受けたという。

   渡辺と片桐はいり(50)は演出家から「とにかく全部覚えてくれ」と言われたため、バックダンサーの経験がある古田の指導を仰ぎつつ「死ぬか? と思うほど練習した」という。

   いくら練習しても「放送では編集されて、ほんの少しになってしまう」と嘆くが、「でもどこが使われるか分からないので、とにかく全部覚えなくてはなりません」という。完璧に踊れればいいとも限らず、「ときには失敗した箇所がわざと使われる場合」もあったと明かしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中