テレ東「下町路線」なかなか粋だね…隅田川花火大会に続いて浅草から懐かしい「昭和」
<懐かしの昭和メロディ>(テレビ東京系)

印刷

   懐メロで稼ぐテレビ東京と揶揄するのは簡単だが、一定の視聴者のニーズがあると見えて、お宝映像の特出しがまたもや。今回の昭和歌謡曲特集で驚いたのは、歴史(?)でしか知らない浅草オペラの「田谷力三」の映像を見たこと。彼が舞台で「君恋し」を歌っている場面で、朗々たる歌声と、なかなかのルックス、「ははん、これなら人気者だったのはわかる気がする」と思ったのである。他にも、内田あかりがたった7歳の時に、ラジオドラマ「君の名は」の主題歌の1つ、「黒百合の歌」を歌ったとか。男と女の恋の歌の意味も分からない年頃に、人前で歌ったそうだ。
   司会の宮本隆治とテレ東アナウンサーの松丸友紀は、いつものスタジオからではなくて、浅草界隈を歩きながらの司会だった。おかしかったのは、これがフジテレビならば、ギャラリーが一杯ぞろぞろついてきて、不必要に盛り上げるところだけど、テレ東では実に控えめ。向こうの方に、チョロチョロと不審そうに道行く人が見ているだけで、侘しいというかおかしいというか対照的であった。
   今年97歳で亡くなった岩谷時子の特集があり、浅草の芸者たちと司会者が対談するコーナーもあり、珍らしや藤山一郎の歌うシーンもありと盛り沢山。テレ東は今年も隅田川花火大会で、去年のような「降雨サドンデス」もなく大成功し、下町尽くしで特徴を出そうとしているように見える。わが道をゆく路線もいいではないか。(放送2014年8月30日18時30分~)

(黄蘭)

採点:1
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中