トレンディエンジェル「敗者復活から優勝」M-1グランプリ!斎藤「来年には結婚」

印刷

   テレビ朝日がお笑いを競技に仕立てて全国区にした「M-1グランプリ」が5年ぶりに復活し、きのう6日(2015年12月)に決勝が行われた。9組が臨んだが、敗者復活戦を勝ち上がった斎藤司・たかしの「トレンディエンジェル」が第11代目のチャンピオンになった。

   M-1グランプリは01年の第1回の「中川家」から、「ますだおかだ」「フットボールアワー」「アンタッチャブル」「ブラックマヨネーズ」と人気ものを輩出してきたが、10年の「笑い飯」で中断していた。

「神様が教えてくれた」敗退からの気持ち立て直し

   準決勝で8組が残ったが、トレンディエンジェルはいなかった。敗者復活戦は20組で行われ、うちの5組は過去のM-1のファイナリストだ。ピリピリとした緊張のなかで、笑いを取る熾烈な争いが続いた。今年が最後という「ナイツ」の土屋伸之と塙宣之は大変なハイテンションを見せ、「いつもの漫才じゃダメだから」。過去2回決勝進出の東京ダイナマイトは、松田大輔が「ネタを飛ばしました」。ハチミツ二郎が「何年芸人やってんだ、バカヤロウ」という始末。

tv_20151207133144.jpg

   敗者復活を勝ち残った「トレンディエンジェル」は決勝でも絶好調だったが、たかしは「ちっちゃくまとまっちゃった」と厳しく自己評価していたが、「銀シャリ」「ジャルジャル」を抑えてトップに立った。

   トレンディエンジェルがスタジオでさっそくネタを披露した。昨夜から「興奮で寝てない」というわりには元気はつらつ、口も滑らか。「復活してから30分くらいで優勝しちゃったんで」「あっという間だった」

   司会の羽鳥慎一「1回負けてがっくりきて、その気持ちの切り替えはどうしたんですか」

   斎藤「時間が解決してくれるというのを、神様が教えてくれました」

賞金1000万円の使い道はヘアケア?

   山本雪乃アナ「賞金1000万円の使い道は何ですか」

   たかし「免許とろうかと思って。まずは原付から」

   斎藤「免許もってないからマイナンバーを喜んでる(笑い)。ぼくは貯金かな」

   野上慎平アナ「ヘアケアとかは?」

   斎藤「これのお陰でこれたんで(笑い)。オヤジは禿げてないんです」

   たかし「うちのオヤジはボクよりおでこ広いです」

   羽鳥「え、それより?(爆笑) すいません」

   山本「M-1優勝後、仕事は増えましたか」

   きのうのきょうだというのに、「収録が4、5本ある」という。ほかにもともとの劇場があって、幕張と大宮を往復するのだそうだ。

   「来年の抱負」と聞かれた斎藤は、小指を出して「これがいるんです。結婚とかも」「素敵な方ですよ」(爆笑)

   賞金の使い道は決まった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中