羽生結弦「異次元の強さ」最高得点また更新!フェルナンデス脱帽

印刷

   司会の小倉智昭「どこまで伸びるんですかね」

   キャスターの菊川怜「異次元の記録です」

   グランプリファイナル男子では初めての3連覇でもあった。

本番を想定した練習で自信

   羽生はフリーでも4回転ジャンプを鮮やかにきめ、流れるような圧巻の演技だった。これにはそれまで1位につけていた地元スペインのフェルナンデス選手も脱帽で、もう大笑いで祝うしかなかった。羽生が尊敬しているトリノオリンピック金メダル、プルシェンコもツイッターで「フィギアスケートとはまさにこのことだ。ユズ、君は僕のヒーローだ」と絶賛した。

異次元です

   スポーツジャーナリストの野口美恵さんによると、NHK杯から2週間後のグランプリファイナルは「気持ちが守りに入ってしまうのではないか、他の選手がノーミスの中で自分もできるかの不安を抱えての大会だった」と解説する。それを羽生は本番を想定した練習を繰り返すことで乗り越えた。

珍しく涙・・・「まだ絶対王者という言葉の響きに合ってない」

   試合後「プレッシャーはありましたけれど、皆さんが支えてくれました」と語り、珍しく涙も見せた。「まだ絶対王者という言葉の響きにあっていません。常に納得できるパフォーマンスをしたい」と話している。

   小倉「2大会連続でこの滑りをノーミスでやるとはどういうことですかねえ。すごい。いまフィギア選手をめざす人が増えていて、層がどんどん厚くなっています。日本のフィギアスケートのレベルはどこまでいくのでしょうか」

   来週25日から全日本フィギア選手権が始まる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中