「大谷翔平」ダルビッシュと合同トレ?一緒にやってみるかって言ってくれた

印刷

   石井大裕アナが侍ジャパンのエース・大谷翔平投手を直撃した。「やっぱり最後、悔しかったんじゃないですか」

   11月(2015年)の世界野球プレミア12の対韓国の準決勝で、7回まで無失点に抑えていたが、後続の投手が打ちこまれ日本は逆転負けした。「いえ、あのままいって、ボクが抑えるということも、高い確率ではないかもしれないとは思っていました。韓国も素晴らしいバッターがたくさんいるので、ちょっとしたことで流れが(向こう)行ってしまう。あれはあれでしょうがないですね。悔しいのは、やっぱりありますけどね」

「オフには中尊寺行ってみたい」

   11月末には憧れのダルビッシュ投手と会い、「栄養学やトレーニングに対する取り組みとか(を聞けて)、すごく勉強になりました。(トレーニングを)一緒にやってみるかとも言ってくれて、すごくありがたかった」と話す。

   オフには、まだ訪れことがないという出身地の世界遺産、中尊寺に行ってみたいそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中