「酒場放浪記」の吉田類『下町ロケット』でドラマ初出演!主人公のライバル会社初代社長役

印刷

   BS-TBSの人気居酒屋番組「吉田類の酒場放浪記」(月曜よる9時)の酒場ライターの吉田類が、好評のTBSドラマ「下町ロケット」(日曜よる9時)に出演する。もちろん、ドラマ出演は初めてで、あさって20日(2015年12月)放送の最終回に登場する。

   役どころは主人公・佃航平(阿部寛)のライバル、サヤマ製作所初代社長だ。経営がひっ迫しても、2代目社長の息子のため気丈に振る舞ってきたが、急死してしまう。強引な経営手法をとる2代目に多大な影響を与えた父親として描かれる。

   吉田は「ただひたすら夢中でチャレンジさせてもらいます」とコメントしている。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中