大ヒットがない2015年「紅白歌合戦」ベテランは昔の看板曲焼き直し、アイドルは寄せ集めメドレー

印刷

   NHKはきょう21日(2015年12月)、大晦日の紅白歌合戦で歌手やグループが歌う曲名を発表した。演歌・歌謡曲系は各歌手の看板曲の焼き直し、アイドル系グループは寄せ集めメドレーとなっていて、新味は少ない。

   今年で紅白卒業を表明している森進一は「おふくろさん」、五木ひろしは「千曲川」、細川たかしは「心のこり」、石川さゆりは「津軽海峡・冬景色」だ。他のベテラン勢も和田アキ子「笑って許して」、松田聖子「赤いスイートピー」、高橋真梨子「五番街のマリー」、郷ひろみ「2億4千万の瞳・エキゾチック・ジャパン」、19年ぶりの出場の近藤真彦は「ギンギラギンにさりげなく」とかつてのヒットで出場する。

   アイドル系はAKB48、嵐、SMAP、V6は持ち歌のメドレーだ。いずれにしても、2015年はこれといったヒット曲もヒット歌手もいなかったということだろう。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中