「カフェイン中毒死」どのくらい飲んだら危ない?エナジードリンクやコーヒー

印刷

   眠気覚ましにエナジードリンクを頻繁に飲んでいた20代の男性がカフェイン中毒で死亡した。遺体を解剖した福岡大学病院がきのう21日(2015年12月)に発表した。カフェインはコーヒー、紅茶、緑茶、コーラなどさまざまなものに含まれているが、いったいどれだけ飲んだら危険なのか。

   エナジードリンクはカフェインを多く含んだ清涼飲料水で、眠気覚ましや疲労回復をうたって急激に売れ行きを伸ばし、2013年には355億円を売り上げている。ほどよい炭酸と甘味が若者に人気らしい。

深夜勤務の男性がぶ飲みして死亡

   死亡した男性は24時間営業の店で深夜勤務に就いていたが、眠気を覚ますために何本もエナジードリンクなどを飲んでいた。飲み始めたのは死亡する1年前からという。男性は勤務から帰った自宅で嘔吐して倒れた。

   福岡大法医学教室の久保真一教授は「カフェインが致死濃度に達していたためカフェイン中毒死と診断しました。若年者は量が少なくても致死中毒濃度に達する場合があります」と警告した。男性の胃からはカフェインの錠剤とみられる粉末もみつかった。

tv_20151222124041.jpg

   アメリカで14歳の少女がカフェイン入りのドリンクを約1.5リットル飲んだあと死亡した例などがあるが、厚生労働省によると日本ではこれまで死亡例の報告はない。全国清涼飲料工業会は「驚いています。事実を収集して分析していきたいが、過剰摂取は控えて」と話している。

   街で若者に聞くと、「好きです」「試験の前とかによく飲む」「こわいですね。だけど好き」「カフェインぽさがなくてかわいい」と圧倒的に支持が多い。あまり飲まないという青木理(ジャーナリスト)は「カフェインに関係なく、甘いでしょ。それよりアルコールの方が・・・」(笑い)

   「AERA」編集長の浜田敬子は「うちの編集部にはかなりありますよ。机に並べている人もいる。私はチェーン・コーヒーで、1日に何杯飲んでるかわからない」という。

   司会の羽鳥慎一「テレビ局だって、いっぱい置いてあるものね」

成人でコーヒー3杯、妊婦2杯、4~6歳児コーラ1本

   では、どれだけ摂ったら危険なのか。われわれが日ごろ口にしているものにどれだけ含まれているかというと、大きめのマグカップでコーヒーが135ミリグラム、商品にもよるがエナジードリンクは80~140ミリグラム、紅茶、緑茶、コーラ、チョコレートなどが30~50ミリグラムという。

   カナダ保健省が出している摂取許容量は、成人で400ミリグラム(コーヒー3杯)、妊婦300ミリグラム(同2杯)、4~6歳児45ミリグラム(コーラ1本)と なっている。摂りすぎると、めまい、心拍数増加、不眠症などいろいろな症状が出る。東京福祉大学短大の栗原久教授は「日本人は体格が違うから、この数字より少なめがいい」と話す。

   清涼飲料水にはカフェイン量に規定がない。ただ、1本あたり200ミリグラムを超えると医薬品扱いになる。

   羽鳥「カフェインに関係なく、高校生はジュース感覚で飲んじゃう」

   錠剤は1錠120グラムで、コーヒー1杯分に相当する。栗原教授は「これを10錠も飲んだらちょっと危ない」という。ほかにも、風邪薬とエナジードリンクの併用は非常に危険といろいろ話は出たが、日常の摂取量が多いのは、錠剤をのぞけばコーヒーということ。これまでの生活をとくに変える必要はなさそうだ。「飲み過ぎると危ない」と覚えておけばいいか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中