ビビる大木、クロちゃんらと出かけた春画展で変なところに感心

印刷

   タレントのビビる大木が、芸人仲間の安田大サーカス・クロちゃん、谷+1と、東京・永青文庫で開催中の「春画展」に出かけたことを、12月22日(2015年)のツイッターで報告している。

   一緒に出掛けたクロちゃんは自身のツイッターで、

「芸術性を感じました。そして、年配の方や女子が多くてビックリした。文化に触れるのはとても感慨深いと思いました」

と素直な感想をつぶやいているのだが、大木の注目を惹いたらしいのは、会場の「ガラス」だ。

「顔を近づけすぎの人が多いのか、ガラスに顔のアブラが沢山付いてました」

と、妙なところに観察眼を発揮。「係りの方が拭いてました」と、興味深そうにツイートしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中