<1年前のワイドショー>大韓航空「ナッツ姫」逮捕!朴大統領の政権批判かわしのスケープゴートだった?

印刷

   去年(2014年)のクリスマスイブに逮捕状が出た大韓航空のナッツ姫は、経済政策が失敗続きの朴槿恵政権のガス抜きに利用されたのではないか。経営者一族の長女である大韓航空のチョ・ヒョナ副社長が、搭乗した自社便のナッツの出し方がサービスマニュアル通りでなかったと激怒し、空港で引き換えさせたり、乗員を罵倒した事件だ。

   <大韓航空「ナッツ副社長」逮捕で処罰どうなる?執行猶予付き社会奉仕100日>(「モーニングバード!」)、<「ナッツ・リターン騒動」拡大!国交省調査官が情報漏洩―大韓航空の元社員>(「スッキリ!!」)と日本のワイドショーも連日大きく取り上げたが、韓国のマスコミはヒステリックなってメディアリンチを繰り広げた。生活苦境にある韓国国民は、不満を富豪一族にぶつけることでうっぷん晴らしをしたと見ることもできる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中