「初日の出」期待できそう!太平洋側はポカポカお正月・・・日本側は再び雪か曇り

印刷

   きのう27日(2015年12月)からけさにかけて、北日本を中心に各地で大雪になった。司会の小倉智昭が「今年一番の寒気が入り込んで、猛吹雪になっています」と報告した。

   北海道の留萌からの映像では、ゆっくり走る車が吹雪の中に消え、青森では住民は雪かきに追いまくられた。

年明けから冷え込みゆるむ

   青森・酸ケ湯できのう午前10時に140センチ、北海道の幌加内でけさ122センチの積雪を記録し、北海道の襟裳岬では最大瞬間風速36・2メートルを観測した。

   東京でも青梅市でマイナス3・7度。午前7時にリポーターの手元の温度計はマイナス1・7度を示していた。都心は2度台だったが、気象予報士の天達武史は「初氷は時間の問題です」という。

   北日本の雪はあすまで続き、太平洋側は晴れて、年明けからは冷え込みも緩み、初日の出も見られそうだ。

文   あっちゃん
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中