同僚男性市議を「強制わいせつ」告訴!視察中のホテルで女性市議のおっぱい丸出し!

印刷

   長崎・対馬市議会の入江有紀議員(73)は7日(2016年1月)、「視察で泊まったホテルで同僚の男性議員に馬乗りされ、胸を開かれおっぱいを触られるセクハラがあった」として、強制わいせつ罪で警察に告訴状を提出した。

   セクハラの加害者とされたのは大部初幸議員(66)で、熊本へ視察中だった昨年(2015年)10月26日、夕食のあと他の議員らと集まったホテルの部屋で、大部議員は入江議員の胸を「大きい」などと言い出し、いきなり押し倒して馬乗りになったという。

   「腕をグッと引っ張られて倒れ、上から乗られたんです。その際、浴衣が全部めくれて胸が丸出しになりました。大部議員が『20人の議員がお前のおっぱいを今まで触りたかった。オレが代表でおっぱいを触る』と言いながら私のブラジャーを上げたんです」「下半身に手を突っ込もうと、何度も何度も繰り返した」と入江議員は語る。

「仲良くしようと、酔って倒れ掛かっただけ」

   これが事実とすれば、単なるセクハラでは済まされない。れっきとした犯罪だが、大部議員は否定している。「仲良く飲もうということで私の部屋に集まった。仲良くしようと肩を抱いた際に、2人とも酔っているので倒れた。(入江議員は)私が彼女を抱き起そうとした時のことを言うわけです。訴えには正々堂々と立ち向かっていきます」

   しかし、入江議員は「自分は酒が飲めず酔って倒れたりしない。こういうことをされては許すわけにはいかない。大部議員には責任を取っていただきたい。議員辞職しても告訴は取り下げません」と怒りは収まらない。

あきれます

同席の議員「止めても何度も繰り返した。40分続いた」

   目撃していた他の3議員は何をしていたのか。「スッキリ!!」がそのうちの一人に電話取材したところ、こんな答えが返ってきた。「実際、大部議員が入江議員の方へ寄って行って腕を引っ張り押し倒した。はじめは冗談かと思って見ていたが、入江議員が真剣に『助けて』と何度も訴えるので止めた。止めても大部議員は何度も行為を繰り返し40分ほど続いた」

   評論家の宇野常寛「おそらく入江議員の方が正しいですね。情けない。何が悪質かって、酒の席だからいいだろうとか、お前が席を離れたら雰囲気が壊れるだとか、昭和のおやじ的な価値観にヘドが出ますよ」

   司会の加藤浩次「視察中ですからね。まだこういう体質が市議会とかに残っているのかと考えちゃう」。

   警察は告訴状を受理する方針という。怒りが収まらない入江議員は、抵抗した際に左手をケガしており暴行罪でも告訴する考えという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中