イケメン元テレビレポーター強盗致傷逮捕!すれ違いざま女性殴り全治1年

印刷

   身長180センチ、甘いマスク。立教大学時代に学生リポーターとしてテレビに出演していた東京都豊島区の会社員・添田大地容疑者(26)が路上で見知らぬ30代の女性に殴る蹴るの暴行をはたらき、ショルダーバッグを奪おうとしたとして先週(2016年1月)、強盗致傷容疑で逮捕された。

5年前にも女性に抱きつき逮捕

   添田は昨年11月(2015年)29日午前4時ごろ、港区の歩道で反対から歩いてきた女性をすれ違いに殴り倒した。女性は目の下を骨折し、歯も数本折られ全治1年以上という重傷を負った。目撃者の通報で駆け付けた警察官に「倒れた女性を起こそうとしただけ」と説明したが、防犯カメラの映像に添田の姿が映っていた。添田は調べに対し容疑を否認している。

人格壊れてる

   添田は池袋のタワーマンションに家族と住み、近所の飲食店に友人や家族としばしば訪れている。店の人によれば、酒はたしなむ程度で温厚な性格で暴力をふるうようには見えないという。立教大学に通っていたころは芸能事務所に所属し、学生リポーターとしてグルメ番組などに出ていた。だが、5年前にも帰宅途中の女性を後ろから抱きつこうとして逮捕されたこともある。

フェイスブックでゴルフと英語を自慢

   司会の小倉智昭「なんだろうね。この男の考えていることは」

   フェイスブックよると、ゴルフと英語が得意で、旅行も好きで沖縄、タイ、韓国なども訪れている。韓国ではカジノに通っていた。

   小倉「26歳としては羽ぶりがいい。同年代の若者はそう簡単にできるはずはないですよね」

   深澤真紀(コラムニスト)「まるでバブル期のような雰囲気ですよね。ショルダーバッグを奪う目的だったのかなあ」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「写真を見るとハンサムなので、いろんな女性と付き合いもあると思われるのに、見知らぬ人を平気で殴るのは、人格的に壊れていますね。なんでこんな人生を歩んだのか不思議でならない」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中