「透明犬マジック」リード付けた犬服だけが散歩!鳴き声や水飲むしぐさ

印刷
「JR長野駅で透明な犬を散歩させている人がいる」

   こんな情報がネットに流れている。リポーターの阿部桃子が出かけてみると、宙に浮いた小さなハート柄の犬用の服がワンワンと吠えながらチョコチョコと近づいてきた。服の前に皿を置くと、音を立てながら水を飲むしぐさをする。イヌの形はまったく見えない。

マジシャン「魔法使いのアキット」ボクの持ちネタです

   ネタばらしをしてしまえば、「僕はマジカルアーティストをやっている魔法使いのアキットです」と『飼い主』は名乗った。手品だったのだ。4歳の時からマジックを始めて、友だちを驚かせていたというプロのマジシャンで、透明犬は飼い犬をなくして悲しんでいる友人から「手品で生き返らせてほしい」と言われたのがきっかけであみだしたという。

tv_20160115145546.jpg

   「マジックショーとは別のときに、小さな幸せのタネを一杯撒けたらいいなと思い、サプライズの一つと思ってこうして散歩させている」という。

   司会の加藤浩次「動きもリアルだし、鳴き声も聞こえてきたけど、どこから出ているの」

   阿部「絶対タネ明かしはしてもらえませんでした」

   竹井壮(タレント)「高さ的にはミニチュアダックスかなと思うんですけど?」

   これも秘密だったという。お座りやお手のしぐさも加わるとさらなるサプライズは間違いなし。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中