SMAP「釈明ナマ出演」視聴率も異例の高さ!平均31・2%、瞬間最高37・2%

印刷

   SMAPが5人そろって生出演し、解散騒動を釈明したきのう18日(2016年1月)放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)は、NHKやテレビ朝日「報道ステーション」も取り上げる異例の扱いだったが、視聴率も高かった。関東地区では平均が31・2%、瞬間最高視聴率は最後に木村拓哉が話した後に5人が頭を下げた22時22分で、37・2%だった。

   スマスマの2015年の年間平均視聴率は11・6%、前回16年1月11日放送の平均は10・2%だったから、きのうの生出演がいかに注目されていたかがわかる。

   これまでで最も高かったのは、不祥事を起こした稲垣吾郎が約7か月ぶりに復帰した02年1月14日放送回で、34・2%だった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中