忠犬「ハチ公」渋谷再開発で一時移転・・・ぜひウチに!生まれ故郷の秋田・大館市長

印刷

   東京のJR渋谷駅周辺の整備・再開発が進んでいるが、その真ん中にちょこんと座っている忠犬「ハチ公」の像をめぐって、いささか気の早い話が持ち上がっている。工事のためどこかへ一時移転・保管しなければならないのだが、「ハチ公像」を里帰りさせようというのだ。

「着工は2020年。ずいぶん先の話で何も決まっていません」渋谷区は困惑

   忠犬ハチ公は外国人旅行者にも知られていて、像の前では終日記念写真を撮る人が途切れない。恐らく日本一写真を撮られている銅像だ。そのハチ公に「瞬間でもほんのちょっとでもいいので、戻ってきてほしい」と手を合わせるのは、秋田県大館市の福原淳嗣・市長である。

いいと思います

   ハチ公は大館市生まれで、1924年に東京帝大の上野英三郎教授にもらわれ飼い犬になった。その因縁から大館市にはいくつものハチ公像がある。大館駅前にも、生家の前にもあり、温泉施設には黄金色のハチ公もいる。

   渋谷駅の整備はすでに始まっているが、ハチ公広場拡張の着工は東京オリンピック後の2020年で、工事には6年かかる予定になっている。その間の移転・保管に大館でという気の早い申し入れだ。話を受けた渋谷区は「あまりに先すぎて、何も決まってません」と困惑している。だが、福原市長は「郷土の誇りです。帰ってきてほしいという思いは、大館市民は誰でも持ってます」とひたすら熱い。

いっそ山形・鶴岡、三重・津も回っちゃどうか

   司会の羽鳥慎一「一時的にどこかへ移さないといけないんですね」

   野上慎平アナ「そうです」

   羽鳥「どうですか、倉庫に置くよりは、大館というのもいいんじゃないですか」

   宇賀なつみキャスター「いいと思いますよ」

   菅野朋子(弁護士)「渋谷区のイメージも上がりますよ」

   羽鳥「1回帰ったら、返してくれるかな」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「忠犬ハチ公はまだ飼い犬が放し飼いの頃も話ですよね。子供の頃、放し飼いの犬を飼ってたけど、犬って孤高の魂を持ってるような、町内を巡回したりしてるんです。その頃の話だから、秋田を巡回させてもいいんじゃないですか」(笑)

   羽鳥「ものすごい切り口で話が戻ってきた」

   野上「大館市は駅前のハチ公の隣に置いてシンボルにしたいといっています」

   宇賀「面白い」

   羽鳥「夢のツーショットになるね」

   悪ノリ計画はまだあるようで、大館市から山形・鶴岡市、三重・津市も回ってはどうかという話もある。鶴岡はハチ公の物語を伝えた斎藤弘吉氏の故郷、津は上野博士の故郷だからだ。

   羽鳥「26年に渋谷に戻って来ればいいんだから、(巡回は)ありかもしれないですね。決めるのは渋谷区。アリじゃないでしょうか」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中