「ビタミン剤のようにドーピングやってた」ロシア元陸上代表選手NHKに告白!コーチや医師が錠剤や注射器配布

印刷
「ドーピングはビタミン剤を飲むようなものでした」

   ロシア代表にも選ばれたことのある女子陸上中距離のユリア・ステパノワ選手(29)の告白が世界のスポーツ界を揺るがせた。告白をきっかけに、ロシア陸連の幹部やロンドン五輪の金メダリストを含む複数の選手、コーチ、ドーピンング監視機関、検査機関が絡んだ組織ぐるみの不正だったことが暴き出された。

   ユリア選手とロシアのドーピング監視機関「RUSADA」の元職員で夫のビタリー氏(33)が凄まじい実態をNHKに話した。夫婦は2014年11月にドイツのテレビ番組でドーピング使用を明らかにした直後にロシアを離れ、これまで8回も引っ越しを繰り返してきた。ロシア当局の嫌がらせをおそれてのことで、NHKのインタビューも滞在先の国名を秘密にする条件で応じた。

ロシア「リオ五輪・陸上」出場停止!?

   ユリアは11年の世界選手権(韓国・大邱)の女子800メートルに出場し、8位入賞している。ドーピングは代表チームのコーチや医師から日常的にドーピングを進められたという。「ドーピングは調整の一部でした。コーチから飲めと命令されることもなかったです。『さぁ準備、準備』という感じです。オリンピック選手になりたくて、そのために勝ちたいのなら、ロシアでは(ドーピングが)唯一の道でした。他の提案はされませんでした」

   ドーピングに疑問を持つようになったのはビタリー氏との結婚だった。「RUSADAに勤め始めたときから不正をチェックする組織そのものが腐敗してことを知り、現状を変えたいと思っていました。ある選手の検査をしないでくれと要請され、ワイロの提示を受けたこともあります」

   夫と話し合い、子どもが生まれたのをきっかけに告白することを考えたという。「このやり方を続けるのか、それとも戦うのか。考えたのは、この子がスポーツをやるようになって、同じような将来を迎えて欲しくないということでした。私は夫とともに戦ってみようと決心したのです」

   ビタリー氏「誰もが薬物を使っていました。ロシアのスポーツ選手の間ではドーピングは普通の話題でしたから。ロシアのスポーツ界には、好成績を残し国の威信を高めようという古くからの考えが根強くしみついているんです。規定によると、RUSADAと検査機関は独立していなければなりませんが、まったく正反対でした」

   ユリアは14年11月にロシア代表のコーチに呼び出され、注射器と錠剤を手渡された模様を携帯電話で隠し撮りした。部屋の中ではコーチとユリアのこんな会話が交わされていた。

   コーチ「ホラ、これが君の薬だ」

   ユリア「この錠剤はなに?」

   コーチ「オキサントロロン(筋肉増強剤)だ」

   ユリアの告発をきっかけに、調査を開始した世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の第三者委員会は昨年(2015年)11月、ロシア陸連や監視機関、検査機関を含む組織ぐるみのドーピングと認定し、ロンドン五輪女子800メートル金メダリストのマリア・サビノワ選手ら5人が永久資格停止の勧告を受け、ロシアの陸上選手すべてが五輪を含む国際大会への出場資格を停止された。

   さらに、WADA第三者委は先週、「不正の域を超えた犯罪だ」と強調し、国際陸連のラミーヌ・ディアク前会長らがロシア選手のドーピングを隠蔽した見返りに、ロシア陸連からワイロを受け取っていた事実を明らかにした。そして、これは氷山の一角で、他の複数の国でも組織的なドーピングが行われている可能性があると強く示唆した。

室伏広治「不正に厳しい日本が東京五輪に向けて撲滅のリーダーシップ執れ」

   西東大アナが「リオ五輪ではロシアはどうなるのでしょうか」と、ドーピング問題に詳しい早稲田大の友添秀則教授に聞く。「出場は難しいでしょう。ロシアのドーピングはカルチャーという話があったほど根深く、払拭するのには時間的にムリではないですか」

   西東アナ「次は東京五輪ですが、どう取り組んでいけばいいのでしょうか」

   ハンマー投げ金メダリストの室伏広治は「日本は不正に対し厳しい目を持っています。世界の信頼も厚い。東京五輪を起点に何か新しい基準について日本がリーダーシップを取っていくチャンスと思います」と提案した。

モンブラン

*NHKクローズアップ現代(2016年1月20日放送「ドーピング疑惑 不正はこうして広がった」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中