錦織圭 ジョコビッチにストレート負け!セカンドサーブ・ポイントに歴然たる差

印刷
「きのう、私、(錦織が)絶対勝つって何度も連呼してきて、いまここに立ってます。いろんな思いがあります」

   石井大裕アナがばつが悪そうに言う。テニスの全豪オープンで、錦織圭選手は世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手と対戦したが、1セットも取れずにストレート負けした。

40%対66%

   「とにかく気になっていたのがここなんです」と石井が指摘したのは、錦織がセカンドサーブでポイントを取る確率だ。第1セットこそ75%と好調だったが、第2セットは44%、第3セットは7%まで落ち、総合で40%だった。これに対して、ジョコビッチは66%だった。

   石井「うー、やはりここ(セカンドサーブ)かなというのがありますね」

   元テニス選手のコメンテーター沢松奈生子は「内容は紙一重でした。あれだけ錦織が最高のテニスをしても、1セットすら取らせてくれない。ジョコビッチがすごい」と話す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中