サッカー日本「リオ五輪」出場決定!アジア最強イラクに競り勝ち

印刷

   リオ五輪のアジア最終予選を兼ねた「23歳以下(U23)」アジア選手権の準決勝がきのう26日(2016年1月)行われ、日本はイラクを2-1で破って、五輪6大会連続、10回目となる出場を決めた。選手権で3位までが五輪出場権を得られる。決勝に進んだ日本は2位以内が確定した。

アディショナル・タイムに決勝点

   相手のイラクはこのクラスではアジア最強といわれ、日本は手倉森監督の下では2戦2敗だった。体も強い、個人技もあるイラクは、早い動きで日本ゴールに迫ったが、前のめりの相手の間隙をついて前半26分、絵に描いたようなカウンターから鈴木武蔵のクロスを久保裕也が鮮やかに決めた。

決めました

   必死のイラクはボール支配をさらに強め、前半43分、コーナーキックをゴール前のもみ合いから決めて同点となった。後半は一進一退。このまま延長戦かと思われたアディショナル・タイム、イラクゴール前で相手キーパーがパンチしたボールをMF原川力が鮮やかに蹴り込んだ。

技術より精神面鍛えた手倉森監督

   司会の羽鳥慎一「さすが松木(安太郎)さんですね。終了の瞬間に、『おお、来たあ』と、ああいう解説はなかなかいない(笑)。気持ちが伝わってきます」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「決定力を感じたんですけど、サンケイスポーツ紙を見てたら、手倉森監督は東日本大震災の被災者でもあるんですね。その時の思いを選手に伝えたとか、バングラディシュであえて合宿をして日本人選手がいかに恵まれているかを見せたとか、技術じゃないものを伝えたのが決定力に関わってるんじゃないかな。精神的なものが」

   羽鳥「監督も怒らない指導をした、反骨心を自然に巻き起こしたと。オリンピックでぜひ代表を応援してください」

   決勝は30日、日本は韓国・カタール戦の勝者と対戦する。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中