KenKen「野々村報道で好きな見出しはコレ。『in 法廷』に溢れるツアーファイナル感」

印刷
 ロックバンドRIZE、Dragon Ashなどで活躍するベーシストKenKenが1月27日(2016年)、野々村竜太郎被告の初公判をめぐる報道の中で、ミュージシャンとして特に気に入った言い回しをツイッターで紹介した。

   「野々村さん報道で1番好きだった見出しはコレかな」とアップした写真に書かれていたのは、

「野々村劇場 第2幕 in 法廷 『覚えてない』『記憶にない』を90回以上」

というもの。「in法廷に溢れる、ツアーファイナル感」と理由を述べている。これには「ある意味1番泣けるツアーファイナルですね」といったリプライが寄せられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中