ダイヤモンド富士見えた!東京・神宮外苑に300人「3日連続で来た。記念です」

印刷

   太陽が夕日にかかって輝くダイヤモンド富士が、東京・明治神宮外苑からきのう4日(2016年2月)午後5時ごろやっと見えた。つめかけた300人から歓声が上がった。これまでは国立競技場でさえぎられていたが、解体されて見えるようになった。今年12月に新競技場の建設が始まると隠れてしまう。

新国立競技場建設で今年だけ

   ダイヤモンド富士が現れるのは、夕日が沈む方角との関係で今月の4日間だけ。おとといは富士山が雲に隠れていた。きのうも来て、3日連続の女性は「今年だけということで期待しています」と話していた。

ちょっとズレてた?

   予定時刻の15分前に雲は茜色に染まったがダイヤモンドはまだ。5分前、雲の下から山らしい斜面が現れ、シルエットは徐々にはっきりしてきて、夕日と重なる富士の姿が眺められた。「すばらしい」「良い機会と思ってきた」「記念になった」とわいた。

   司会の加藤浩次「映像では山頂よりちょっとずれているけれど、納まったということですか」

   山頂に太陽がかかればダイヤモンド富士に入るのだそうだ。きれいにかかっていた。

   加藤「大きなレンズで撮った写真を見てみたい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中