高橋真麻ら非リア充派の批判ごもっとも!何時間も並んでシェイクシャック、食べないでSNS撮影に夢中・・・「リア充派なんかヘン」
<ニノさん>(日本テレビ系)

印刷

   嵐・二宮和也がMCをつとめるバラエティ番組で、「ニノさんのリア充一斉調査!」というのがこの日の企画だ。リア充というのは現実が充実している人のことで、世の中でリア充と呼ばれる人はどんな人たちか、その生態を調査したという。リア充派(千原ジュニア、若槻千夏、渡辺直美、マキ・コニクソン、湯川正人)、非リア充派(ニノさん、バカリズム、高橋真麻)に分かれ、VTRを見ながらトークするものだった。
   最初は「日本初上陸グルメに長時間並ぶリア充さん」。ニューヨーク発のハンバーガーショップ「シェイクシャック」に、雪の日だというのに100人もの行列ができている。リア充さんたちは上陸グルメのためなら2、3時間平気で並ぶというから凄い。おしゃれ芸能人のSNSを日々チェックして、同じ経験をしたがるのがリア充さんの特徴らしい。
   長時間並んで手に入れたハンバーガーなのに、すぐには食べず、まずはスマホで写真を撮りまくる。できたてを食べた方がおいしいだろうに。それよりもいち早くインスタグラムなどのSNSに上げ、流行を先取っていますよと自慢するのが目的だという。
   「アマン東京のカフェ、ブラックアフタヌーンティーは3か月待ち」と若槻が得意げに話せば、「3か月先、生きてるかどうかもわからないのに?」と素朴な疑問を口にする非リア充派の真麻。まったくそのとおり。非リア充、大いに結構。勉強になった。(放送2016年2月14日12時45分~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中